5Gの世界

2019年、平成の時代が終わり令和の時代がスタートしました。そんな令和の時代の幕開けとともにもう一つの新しい時代が幕を開けます。それが次世代通信システム「5G」の時代です。
今年は5G元年とも呼ばれており、いよいよ5Gサービスが商用化され、私たちの生活が大きく変化する年になると言われています。今回はそんな5Gの仕組みや私たちに与える影響についてご説明いたします。

5Gとは?

そもそも5Gとは何なのか?ということですが、私たちが普段使用している携帯電話などの通信システム、これらは1980年頃から使用されています。この通信システムは時代とともに進化をし、その第5世代目の通信システムのことを「5G」と呼ぶのです。
現在ほとんどの人が保有している携帯電話ですが、当時は一部の人しか持つことのできないとても高額な物でした。
音声通話中心の通信システムはやがてメールやウェブの閲覧ができるようになりました。そして音楽・動画・ゲーム等、通信システムの進化によって様々なサービスを円滑に使用することが出来るようになったことで、私たちの生活は大きく変化していきました。

5Gにより変化する世界

さてそれでは通信システムが5Gになるとどのような変化があるでしょうか?
5Gは今までの通信システムよりも大容量で低遅延、そして高速な通信を行うことが可能になり、今までの1G~4Gまでの通信システムの進化を超えた変革とも言われています。
デジタル化された2Gの通信システムではDVD1枚をダウンロードするのに43~45日程度の時間を要していました。それが3Gになると27~30時間、4Gで4~5分、それが5Gになると5秒以下で可能になるといわれています。

IOTと5G

もう既に今の通信システムで満足と考える方も多いでしょう、しかし5Gは今後普及が見込まれるIOTを対象にしたネットワークシステムとなり、私たちの生活を一変させることができます。IOTとはインターネットオブシングスの略で「モノ」がインターネットにつながることで、「モノ」と「モノ」がお互いに情報を共有し、処理、分析、制御等を行うことが可能となります。これらの技術は例えば自動運転車や遠隔手術、VRによる仮想現実の体験等を行うことができ、人々の生活がより便利になります。

5G銘柄に投資をするには?

「5G」関連銘柄

【株式】
アンリツ(6754) 日本
携帯電話や基地局の通信系計測器を製造している。
中国鉄塔(00788)中国
通信塔の建設、維持、関連施設の管理等を行っている。
中国移動(00941)中国
中国最大手の携帯電話会社。
ザイリンクス(XLNX)アメリカ
FPGAと呼ばれる半導体に強みを持つ半導体メーカー。
キーサイトテクノロジーズ (KEYS) アメリカ
ネットワークの通信状況を計測する通信系計測器メーカー。
クアルコム(QCOM) アメリカ
携帯電話の半導体に強み。アップルと係争中だったが、和解を発表。
【投資信託】
次世代通信関連 世界株式戦略ファンド
愛称:THE 5G

運用方針

世界の次世代通信関連企業の株式(預託証券(DR)を含みます。)に投資を行い、投資信託財産の中長期的な成長を目指して運用を行います。
「次世代通信関連企業」とは、通信技術の発展によって業績面で恩恵を受けることが期待される企業をいいます。次世代通信関連企業の中から、ファンダメンタルズ分析を通じて、成長性や株価の割安度を検証したうえで銘柄選定を行います。
実質的な運用は、株式リサーチ力に強みのあるニューバーガー・バーマン・グループが行います。
【ファンドの詳細はこちら】(http://www.smtam.jp/fund/detail/_id_387/)

本コラムに資料されている資料は、各資料を基に三井住友トラスト・アセットマネジメントが作成しています。

金融商品等にご投資いただく際には所定の手数料等をご負担いただく場合がございます。

投資信託のリスクと費用について

投資信託は、商品によりその投資対象や投資方針、買付手数料等の費用が異なり、多岐にわたりますので、当該商品の目論見書、契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解いただくよう、お願いいたします。

投資信託の取引にかかるリスク

•主な投資対象が国内株式組み入れた株式の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
•主な投資対象が円建て公社債金利の変動等による組み入れ債券の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
•主な投資対象が株式・一般債にわたっており、かつ、円建て・外貨建ての両方にわたっているもの組み入れた株式や債券の値動き、為替相場の変動等の影響により基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

投資信託の取引にかかる費用

各商品は、銘柄ごとに設定された買付又は換金手数料およびファンドの管理費用(含む信託報酬)等の諸経費をご負担いただく場合があります。また、一部の投資信託には、原則として換金できない期間(クローズド期間)が設けられている場合があります。
•お買付時にお客様に直接ご負担いただく主な費用「買付手数料」:ファンドによって異なります。
•保有期間中に間接的にご負担いただく主な費用「ファンドの管理費用(含む信託報酬)」:ファンドによって異なります。
•ご換金時にお客様に直接ご負担いただく主な費用「信託財産留保額」「換金手数料」:ファンドによって異なります。

買付・換金手数料、ファンドの管理費用(含む信託報酬)、信託財産留保額以外にお客様にご負担いただく「その他の費用・手数料等」には、信託財産にかかる監査報酬、信託財産にかかる租税、信託事務の処理に関する諸費用、組入有価証券の売買委託手数料、外貨建資産の保管等に要する費用、受託会社の立替えた立替金の利息等がありますが、詳細につきましては「目論見書」で必ずご確認いただきますようお願いいたします。
また、「その他の費用・手数料等」については、資産規模や運用状況によって変動したり、保有期間によって異なったりしますので、事前に料率や上限額を表示することはできません。 各商品のお取引にあたっては、当該商品の目論見書、契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解いただくよう、お願いいたします。

投資信託に関する情報提供について

•各投資信託関連ページに掲載している投資信託は、お客様の投資目的、リスク許容度に必ずしも合致するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
•各投資信託関連ページで提供している個別投資信託の運用実績その他の情報は、当該投資信託の今後の運用成果を予想または示唆するものではなく、また、将来の運用成果をお約束するものでもありません。